トゥールーズへの移動を予約

フランス
デスティネーションを追加
?
  • 75年の販売実績
  • 2016年は550万人が利用者
  • 欧州15,000都市以上へ
550万人 2015年のご利用旅行者数
欧州鉄道チケット 取扱い実績No.1!
15,000都市 ヨーロッパ全域を網羅
鉄道旅行 ワンストップ・ショッピング
75年 鉄道の旅とともに
ヨーロッパのエキスパート

概要

色彩豊かなフランス南西部の雰囲気をお楽しみください

ミディ・ピレネー地方の中心都市トゥールーズ

トゥールーズは、フランス南西部ミディ・ピレネー地方に位置しています。陽光溢れる温暖な気候と美食で知られた地域です。ミディ・ピレネーの主都トゥールズには卓越した文化遺産が点在し、美しい邸宅、教会、美術館、遺跡など、バラ色の町として知られています。パリやボルドーからも簡単に訪れることができます。トゥールーズはフランスで4番目に大きな町であり、40万人以上の人々が暮らしています。また学生が多く暮らすのもこの町の特徴です。トゥールーズはラグビーがとても有名で、地元のラグビーチーム「スタッド・トゥールーザン」は、ヨーロッパでも強豪チーム。フランス国内のリーグ戦を18回制覇しただけでなく、フランスの賜杯戦(フランス・カップ)に3度、ヨーロッパ全体の賜杯戦(ハイネケン・カップ)に4度優勝しています。

フランスについて


「バラ色の町」と呼ばれるトゥールーズの町をぶらぶらと散策すれば、この町で暮らす人々が楽しみながらリラックスして生活している様子が分かります。歩いているだけで、トゥールーズの魅力が目に飛び込んでくるのです。まるで、訪れた人々をいかに楽しませるかをこの町全体が心得ているかのように。

トゥールーズは、まさに人間の感覚や動きにフィットする町です。町の散策はキャピトル広場から始めましょう。トゥールーズ・マタビオ駅から徒歩20分ほどで歩いていけます。ゆっくりと広場まで歩いても、レンタサイクルで広場へ行ってもいいでしょう。キャピトル(市庁舎)は現在、市役所や国立キャピトル劇場として使われています。建物のファサードにはピンク大理石で造られた8本の柱が取り付けられ、アンリ4世庭園や 「名士たちの間」などが見所です。キャピトル広場はとてもリラックスした雰囲気です。広場に面したテラス席でタパスを食べながら、ゆっくりと食事前の1杯を楽しんだら、ジャコバン修道院へ行きましょう。この修道院は22本の桁がまるでヤシの木のように張り巡らされた、建築デザインで知られています。その後、世界遺産にも登録されるサン・セルナン大聖堂へ。ガロンヌ川やミディ運河沿いの散策もおすすめです。

フランス南部の魅力的な郷土の味をお試しください。有名なフォアグラ、鴨料理、カスレ、トゥールーズのソーセージ、ワイン(フロントン、ガイヤック)、アルマニャック、ロックフォールチーズがおすすめです。

旧市街のサン・ジョルジュ広場でショッピング。世界に知られたデザイナーズ・ブランドのブティックや若手デザイナーのショップが並びます。


Toulouse Tourist Office
Donjon du Capitole. 31080 Toulouse.
Tel: +33 (0)5 40 13 15 31

観光案内所は、旅行者の強い味方です。親切なスタッフが、地元目線ならではの観光情報のほか、散策に役立つマップやパンフレット類を提供してくれます。また、半日や1日観光ツアー、郊外へのエクスカーション、宿泊施設など旅行者にとって有益な情報も盛りだくさんです。

鉄道駅

鉄道:ヨーロッパでは、都市や町への移動は鉄道が便利です。すべての主要な町には鉄道駅があり、大都市には2つ以上の鉄道駅があります。また、ほぼすべての鉄道駅は市街地中心部に位置しています。トゥールーズの鉄道駅をトラベルマップでご確認ください。

町に滞在中

クチコミ

  • お得感
    便利さ
    座席は広いが、向かい合わせで回転しない。 |
    "PARIS-NANTES、PARIS-ST PIERRE DES CORPSの2回を事前にレイルヨーロッパで予約(1等)して行きましたが、2回とも1人掛けの向かい合わせの席でした。TGVの座席は、相変わらず向かい合わせで回転しません。1等だとすごくゆったりしていますが、向かい合わせなので足元はやはり若干窮屈です。なお、なぜかわかりませんが、PARIS-NANTESのみ(木曜日の夕刻発)のみは追加料金が約2倍でした。 "

  • お得感
    便利さ
    TGVとAVEの両方が走っています。 |
    "我々が乗ったのは、PERPIGNAN-TOULOUSE間で、AVEの車両でした。この区間を走るAVEはドイツのICE3と同タイプの車両(電車方式)で、座席は車両の両端を除き日本の新幹線と同様に回転します。やはり我々日本人にはこのタイプの方がありがたいです。乗ったのは日曜日の19時台に出発する列車ですが、あまり乗客はいませんでした。 "

  • お得感
    便利さ
    快適 |
    "HENDAYAからボルドーに行くのに乗車しました。乗るお客様も少なく、号車に表示があって、わかりやすかったです。ヘンダイエ出てわりとすぐに車掌さんがきました。 座席は席の肩のところ辺りに自分の座る指定番号に明りでついていてすぐわかります。 自分の乗る号車に乗らないと行き先が途中から分かれるので、必ずきちんと乗りましょう。 中はとても清潔感があり、快適です。 "

  • 便利さ
    乗れてよかった。 |
    "バルセロナからナルボンヌ乗り換えで、トゥールーズへ向かう時、 バルセロナ発の列車が遅れたが、後続の列車に乗ることができた。 ただ、座席については、満席じゃないので、好きな席に座って と言われた時には、驚いた。 "

  • お得感
    便利さ
    もうすぐ東線開業 |
    "この区間は何回も利用していますが、在来線区間が半分くらいあって、意外と時間が掛かります。でも、来年には高速新線が開業して2時間を切るとか。便利になります。 "

  • お得感
    便利さ
    車窓から眺めるミディ運河 |
    "世界遺産の城塞都市カルカソンヌ観光のため、トゥルーズ・カルカソンヌ間のTGVを利用。 トゥルーズを出発してまもなく、左手に長く続く並木が見えた。これは地中海と大西洋を結ぶ世界遺産ミディ運河で、広大な平原の中、鉄道に沿って延々と続いている。時折見える小さな集落には、教会の尖塔や壁だけの廃屋など絵になる風景もあり、車窓風景を楽しむことができた。往路は早目に到着したため、あわてて下車することになった。復路は少し遅れて到着。この辺は、日本の鉄道と様子が違う。また、座席番号の振り方も独特で戸惑う。駅の施設では、コインロッカーなどはなく、大きな駅に手荷物預かりはあるものの、小さな駅では預ける施設がない。 "

  • 安価で便利で楽しい、フランス鉄道旅行 |
    "5月の中旬に、フランス国鉄を利用し、フランス南西部、ブルゴーニュ地方、パリを旅行しました。TGVやインターシティーの一等車でも、日本のJRに比較して非常に安価で、到着・出発時間も比較的正確です。日本出発前に、SNCFのサイトで列車の運行状況を調べておけば、乗継も安心です。 "

  • お得感
    便利さ
    快適な1等クシェット |
    "1等クシェットは4人部屋ですが、満室でもそれなりに広いので 快適です。ミネラルウォーターとアメニティまで付いています。 日本では考えられません。 私の乗車したToulous行きは10両位つなげていて、殆ど2等や座席車でしたが乗客はかなり多かったです。 "

  • お得感
    便利さ
    わるいくないけど |
    " 十数名のフィールドトリップ(たぶん)の高校生くらいが同じ車両だったのでやかましかった&トイレへの通路があるきにくかった。 割と早めに予約し,かつすいている列車だったのにもかかわらず,進行方向とは反対向きの席がアサインされていたのはやや不満。 "

  • お得感
    便利さ
    列車によって設備の違いがあるようです。 |
    "初日に乗ったTGV Duplexは2等席にも充電用のコンセントがあり、大変便利でした。同じTGV Duplexでもコンセントがない列車もありました。地方でのったTERは最新式の車両で快適に過ごせました。TGVは車内にカフェがあり、多少割高にはなりますが、飲食も可能です。今回、いただいた8.5ユーロ分のクーポンでサンドイッチ、ヨーグルト、500mLの飲み物1本のセットが購入できました。 "

  • 0 10