ミュルーズへの移動を予約

フランス
デスティネーションを追加
?
  • 75年の販売実績
  • 2016年は550万人が利用者
  • 欧州15,000都市以上へ
550万人 2015年のご利用旅行者数
欧州鉄道チケット 取扱い実績No.1!
15,000都市 ヨーロッパ全域を網羅
鉄道旅行 ワンストップ・ショッピング
75年 鉄道の旅とともに
ヨーロッパのエキスパート

概要

アルザスに魅せられて、ミュルーズ

ミュルーズは、アルザス地方の小旅行に最適。 ドイツ風の半木造建築、魅力的なリースリング・ワインをお楽しみください。 産業で栄えたこの街には、技術博物館もあります。

フランスについて

フレスコ画が描かれた建物が並ぶ歴史地区の散策を楽しみましょう。意外なことに、この辺りの建築物はアルザス地方の伝統的な木骨組みではなく、レンガ造りになっています。16世紀建造の市庁舎はミュルーズ歴史博物館です。この建物は1961年以来、歴史的モニュメントに登録され、外観にはだまし絵(トロンプ・ルイユ)が描かれています。また地元の人々はこの町の博物館を誇りにしていて、たとえば、有名な国立自動車博物館には、ロールス・ロイスやブガッティなど名車400モデルもがずらりと展示されています。フランス鉄道博物館には貴重な機関車や列車が展示され、鉄道マニア必見です。

鉄道駅

鉄道:ヨーロッパでは、都市や町への移動は鉄道が便利です。すべての主要な町には鉄道駅があり、大都市には2つ以上の鉄道駅があります。また、ほぼすべての鉄道駅は市街地中心部に位置しています。ミュルーズの鉄道駅をトラベルマップでご確認ください。

町に滞在中

クチコミ

  • お得感
    便利さ
    快適なローカル線 |
    "コルマールからディジョンに行くのに利用しました。 Mulhouse villeまでの短時間でしたが、シートがフカフカでゆったり座れ、テーブルも大きくて、地図を広げるのに便利でした。 "

  • お得感
    便利さ
    ディジョンまで |
    "ローカル線との接続の良いチケットが買えたので、時間のロスが無くて便利でした。 "

  • お得感
    便利さ
    座席指定番号の不可解さと駅設備、 |
    "初めてTGVに乗りましたが、座席を見つけるのが大変でした。座席指定番号が、日本の新幹線のように座席指定番号が列番号とアルファベットの組み合わせでなく、どういう順番でつけているのか全く不可解、不愉快でした。また、リヨン駅に限りませんが、ヨーロッパの駅全般で車両とホームとの段差と隙間、下車の時に恐怖さえ感じました。お年寄りは大変です。改良する気はないのでしょうか。日本の新幹線でも在来線でも段差や隙間はありまんよね。 "

  • お得感
    便利さ
    パリとコルマール間で使いました |
    "初めてのパリ旅行で、初めてのTGV利用でした。往路はパリ東駅からコルマール駅までの直通、復路はコルマールからリヨン駅までで途中で乗り換え一回で利用しました。どの駅でも掲示板に乗る電車のホームの記号が出てくるため、ちょっと早めに着くようにしておけば慌てることなかったです。 往路は一等席で一人席でのんびりと過ごせました。復路は二等席で二人席で隣に人がいましたが、それほど窮屈な思いはせずに済みました。 チケットはあらかじめ日本で印刷しておけば、駅で刻印は不要で、車掌さんに印刷した紙を見せるだけで良かったです。ただ、他の方のレビューにもありましたが、一等席は車両番号と座席番号が重なってしまっているため、ここは改善して欲しいです(二等席は重なっていなかったので、文字を埋め込む位置の設定の問題だけだと思います)。自分は、ダウンロードしたチケットのPDFファイルの該当部分をテキストファイルにコピペして場所を把握しておき、当日駅員さんに再確認しました。 "

  • お得感
    便利さ
    乗車駅にひと工夫 |
    "バーゼル⇒パリだと結構な値段の1等追加料金が、何故かミュールーズ⇒パリだと(食事なし)随分お得に。バーゼル⇒ミュールーズのローカル列車は時間は結構信用できそうな感じ。但しバーゼル駅でのSBB~SNCFの乗換は、パスポートチェックは無いが通常より最低でも5分は多めに。ミュールーズ駅はかなり寂しい。買い物は駅ナカにミグロスもあるバーゼルで。TGVは当日は空いており、2階への移動もOK。2階からの眺めはフランスの豊かな農業生産力を感じさせた。 "

  • お得感
    便利さ
    大幅に遅れた |
    "ミュールーズまで片道3時間30分かかるところ帰り途中で電車がとまり2時間以上遅れて到着。運転手に理由を聞いてもわからないの一言。 お詫びは水一本。ちょっと残念な感じでした。 "