バーゼルへの移動を予約

スイス
デスティネーションを追加
?
  • 75年の販売実績
  • 2016年は550万人が利用者
  • 欧州15,000都市以上へ
550万人 2015年のご利用旅行者数
欧州鉄道チケット 取扱い実績No.1!
15,000都市 ヨーロッパ全域を網羅
鉄道旅行 ワンストップ・ショッピング
75年 鉄道の旅とともに
ヨーロッパのエキスパート

概要

スイスの芸術と文化の都バーゼル

スイスが誇る文化の都バーゼル

たとえば、滞在期間4日間で、数カ国を巡る旅をしたいなら…。スイスの芸術と文化の都バーゼルを拠点にすれば、フランスとドイツの3カ国を巡る旅が実現します! バーゼルには40もの美術館や博物館が点在し、古典様式の貴族の邸宅や中世の教会の隣りに、地元出身の建築家ユニット「ヘルツォーク&ド・ムーロン」やイタリア人建築家レンゾ・ピアノ設計のモダンな建物があります。世界最古の公共美術館バーゼル市立美術館にもぜひとも訪れたいもの。バーゼルはスイスで3番目に人口の多い都市でもあります。

スイスについて


バーゼルは、スイス文化の中心地として知られています。文化や芸術が好きな人なら、何日滞在しても飽きることはありません。バルフュッサー広場にある人形の家博物館やスイスのコンテンポラリーアートを展示するFranz Mäder ギャラリーは、この町のハイライトです。歩行者にやさしいスロープの道と数多くの細い路地があるバーゼルは、歩いて巡るのがベスト。そして、町歩きのときに喉を潤してくれるのが、屋外の噴水から湧き出る水。アルプスの氷河から溶け出した澄みきった水です。

バーゼル周辺の見所の1つに、バーゼル近郊にある古代ローマ時代の遺跡があります。スイス最大の野外博物館でもあるアウグスタ・ラウリカです。また瀟洒な街並みが特徴のラインフェルデンは、健康とウェルネスの町として知られています。優れた公共交通システムにより、ドイツの町ヴァイル・アム・ラインにある国際的にも知られた家具メーカー、ヴィトラ社運営のヴィトラ・デザイン博物館にもバーゼルから簡単にアクセスできます。

国境の町バーゼルを拠点に3カ国を巡る旅。続いてはフランスです。フランス・アルザス地方の小さな町コールマールはカラフルな木骨組みの家並みが印象的でこの地方らしい雰囲気に溢れています。平底のボートに乗って運河から、ライン川とヴォージュ山脈に囲まれた昔ながらの絵のように可愛らしい町並みをお楽しみください。

有効なスイスパスを持っていると、スイス国内の公共交通機関に乗り放題です。さらに、スイスパス所持者は、スイス国内の470以上の美術館や博物館の入館料が無料になったり、登山列車のチケットが割引になったりとボーナス特典も充実しています。

バルフュッサー広場はバーゼルでも指折りの外食スポット。ここで特に人気があるのは、スイス以外の各国料理です。バーゼルSBB駅近くのフレンチレストラ ン「レスカルゴ(L’Escargot)」、ビルの一角にある日本料理の「サクラ(Sakura)」はおすすめです。

バーゼルには、よく知られたデザイナーズブランドから、新進デザイナーや ハイストリートファッションまで、洗練されたショップがずらりと並んでいます。スイスが本場のロレックスの時計や、スイス・アーミーナイフで知られるビクトリノックスはフライエ通りに店舗を構えます。


Basel Tourism
Stadt-Casino, Barfusserplatz Steinenberg, 14 CH 4010 Basel
Tel: +41 (0)6 12 68 68 68

観光案内所は、旅行者の強い味方です。親切なスタッフが、地元目線ならではの観光情報のほか、散策に役立つマップやパンフレット類を提供してくれます。また、半日や1日観光ツアー、郊外へのエクスカーション、宿泊施設など旅行者にとって有益な情報も盛りだくさんです。

鉄道駅

鉄道:ヨーロッパでは、都市や町への移動は鉄道が便利です。すべての主要な町には鉄道駅があり、大都市には2つ以上の鉄道駅があります。また、ほぼすべての鉄道駅は市街地中心部に位置しています。バーゼルの鉄道駅をトラベルマップでご確認ください。

町に滞在中

クチコミ

  • お得感
    便利さ
    国境を超える楽しさ |
    "私自身、列車で国境を超えるのは初めてでしたが、その便利さと異なる国にスッと入る面白さに、大変楽しさを覚えました。移動自体も快適で、2等車でも十分満足できるものでした。 "

  • 便利さ
    快適でした。 |
    "新しいカタチだったので、とても快適。 食堂車も良かったです。 早く乗らないとスーツケースを乗せるところが空いていなかったりするので、なるべく早くに乗車したほうがスムーズかも。でも、みなさんも早いです…。 一応伸びるワイヤーの鍵を持って行き、自分たちの荷物は繋げておきました。特にそのようなことをしている荷物を見かけませんでしたが、一応の防犯として。 "

  • 大変・大変! |
    "大きなカバンや荷物を持った乗客が多く、荷物置き場・棚、通路にあふれていた。行きは30分遅れで接続にひやひや。帰路はバーゼルで乗換だったが列車が来ないとのこと。1時間ほど離れた町まで普通列車で移動。乗客には十分な説明がないのでパニック状態だった。予定のTGVを見たときみんなほっとした。バーゼルの駅のトイレは2SF、リヨン駅のトイレも有料だった。それぞれの国の小銭を持っていないとトイレに入れない。トイレのない駅も多いので列車で用をたすこと。 "

  • お得感
    便利さ
    快適でした |
    "予約時に列車による運賃比較ができ、非常に便利でした。一等と二等の価格差と快適度を勘案して、一等を予約しましたが、正解でした。チケットを予めプリントしておけば、駅で購入する手間も省けて便利でした。 "

  • お得感
    便利さ
    TGV Liria |
    "Lyriaは1等車だったこともあって昼食サービスがあり快適だった。ただトイレの手洗い用の水が出ない車両があったのが残念。Lyriaだからなのか以前利用したフランス国内のTGVより早割の割引率が少なかったような気がするが私の勘違いか・・・。 "

  • お得感
    便利さ
    事前予約は便利 |
    "事前予約できたのは便利でした。 ただ、手数料の一環と思われますが、為替レート条件が非常に悪かった点が、残念です。 予約サイトで支払確認ボタンを何度も押さないと次ページに進むことができなかったため、重複して予約してしまっていないか不安でした。複数人数でチケットを手配しましたが、予約ページで乗車する名前をすべて打ち込みましたが、その名前がInvoiceに記載されていなかったので、何のために打たされたのか理解できません。 "

  • お得感
    便利さ
    ヨーロッパ快速列車体験 |
    "一等車を予約したので、静かで快適であったが、ただ不満に感じたのは、乗車の際ノンステップではないので大きな重いスーツケースを乗せるには女性一人の場合、不便に感じた。 また値段のわりにはサービスが今一。 "

  • お得感
    便利さ
    ICE |
    "Baselで乗り換えました。テロのせいか、Baselを出発すると武装した警官が見回っていました。また、駅に停車するたびに車掌がチケットをチェックにまわっていました。これも国民性でしょうか。 座席の棚のところに自分の予約区間が表示されていて、よかったです。また、座席のポケットに、列車の運行に関する情報(どの駅に何時に到着するか)を示した表が入っていました。 この2点は、日本のJRにも導入してほしいなと思いました。 "

  • お得感
    便利さ
    TGV |
    "DijonからBaselにTGVで移動しました。2階席で見晴らしが良く、快適でした。しかし、一度もチケットのチェックがありませんでした。これも国民性でしょうか。 "

  • お得感
    便利さ
    ドイツ新幹線 |
    "ユーレイルパスを使って、1等にのりました。 乗り心地は良く、客室乗務員が、新聞やチョコレートを無料で乗客に配っていました。 "

  • 0 10 20